レディー

リフトアップで若返り|サーマクールの引き締め効果とは

目を擦らない

目元に触れる女性

目を擦るのはダメ

日常的についついしてしまうのが目を擦ることです。眠いときや痒いときなど無意識に擦ってしまうものです。しかし、擦るという行為は少しずつダメージを与えていることでもあります。それが蓄積して起こるのが目のクマです。目の下の肌が荒れたり、窪んだりすることで光の屈折や反射などで黒く見えてしまいます。また色素沈着を起こしてしまい実際に茶色くなることも少なくありません。それらが全て目のクマとなってしまうのです。そのため、目を擦らないように注意をする必要があります。実際に日常的に目を擦っている人とそうでない人では、目のクマが出来る確率が違います。どうしても目を擦りたくなったときは目薬などを代用する方法もあります。

痒みを防止しよう

また目が痒くなる原因を減らすのも目のクマ予防には大切です。その原因はいくつもありますが、その一つが目の下の乾燥です。そのため、乾燥の激しい冬になると目のクマが増えるという統計もあります。そこでなるべく湿度を保つようにすることが大切です。また、目の下に保湿クリームを塗ることで皮膚からの蒸発を防ぐことができ、痒みを防止することができます。もちろん、瞳の感想も痒みの原因であるため、目薬を利用するのも良いです。このように目の痒みを防止することで、目を擦る回数が減るため、必然的に目のクマ予防になります。それでも目のクマが出来てしまったというならば、美容整形クリニックで改善してもらうのが効果的と言えます。